起業家・経営者インタビュー

電力自由化に応える代理店

更新日:2017.04.24

新電力サービス株式会社 代表取締役 沼田 洋一 氏

家業で培った知識活かし起業

沼田 洋一

新電力サービス株式会社

代表取締役 沼田 洋一 様

法人向けに新電力プランを販売しているのは、新電力サービス(東京都中央区)だ。

新電力で唯一の東証一部上場企業であるイーレックス社の正規代理店として、飲食店や福祉施設、工場、学校などへ新規営業を行っている。同社が扱うのは再生可能エネルギーでもあるバイオマス。1000キロワット当たりの発電効率は80%以上で、15〜6%の太陽光や30%の風力と比べて高く、3〜8%の電気料金削減につながる。

58歳で同社を起業した沼田洋一社長は、プラントの販売や工場の撤去を行う実家の家業を継ぐはずだった。工学系の大学に入学し、卒業後には某大手メーカーに入社。変電所の設備構築や自社製品の開発を行った。30代も半ばに差し掛かった頃、「家業を手伝ってほしい」と父から声をかけられ、専務取締役として経営関係の業務に携わった。

しかし、家業は決して楽しいものではなかった。転職して10年が経過し、最終的に家業を継いだのは、事業に対しての思い入れの強かった沼田氏の弟。一方の沼田氏は専務時代に経営方法から財務、法務、労務管理などについて必要な知識を蓄積していた。フランチャイズでの独立も考えたが、自己資金の不足で加盟を断念。ちょうどその頃に出会ったのが、電力会社イーレックスの「新規代理店募集中!」の文言だった。無店舗型で人件費と在庫が不要なビジネスだったことや、昨年4月からの電力自由化で需要の高まりが期待できた。また、イーレックス社は以前取引があったことから、信頼性も高かった。2015年春、沼田氏はすかさず起業という道を選択し、新電力サービスを設立。経営者という長年の夢を叶えた。

現在は数十社と契約を締結。「今後は介護福祉施設やオフィスビル、工場を中心に100社と契約するのが目標」と沼田氏は語り、新電力のさらなる普及を見据えている。

会社概要

本店所在地:東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階

U R L:https://www.shindenryoku-sv.co.jp/

4563

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン
武蔵小杉アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ