起業家・経営者インタビュー

乾燥野菜と味噌汁をばら売り

更新日:2017.08.22

ウエスタンファームズ合同会社 代表社員 西田 裕幸 氏

アメリカでの違和感が商品案に

西田 裕幸

ウエスタンファームズ合同会社

代表社員 西田 裕幸 様

アメリカのスーパーマーケットなどで30種類以上の乾燥野菜をバラ売りし、自分好みの味噌汁やスープを作ることができる商品を企画・開発するのが、ウエスタンファームズ合同会社の西田裕幸代表だ。

現在57歳の西田氏が起業を思い立ったのは今年のはじめ。もともと友人の誘いでアメリカに渡って和食店の料理人として働いていたが、両親の病気になったため日本へ帰国。それまでの収入源は一気に消えて窮地に立たされたが、在米中の体験をヒントに、起業を果たした。

アメリカでは日本と異なり、食べる人が自分の好みで具材を組み合わせるのが一般的で、例えばインスタントラーメンにヨーグルトやジュースを合わせるといったことが当たり前のように行われている。この光景に衝撃を受けた西田氏は、食べる人が自由に具材を選んでレシピを作れる商品を開発できないかと考えるようになる。そして帰国を機に事業化に踏み出した。

今年2月、偶然にも銀座セカンドライフの片桐社長のテレビ出演を目にした西田氏は、すぐに連絡を取った。片桐社長や同社スタッフのアドバイスを受け、簡易な手続きで設立可能な合同会社で起業することを決意。アメリカで思いついた商品アイデアを実現するため、食品メーカーへプレゼンテーションして回り、その結果、乾燥野菜は長野県の食品メーカー・アスダックフーズ、味噌汁の素は、青森県の食品メーカー・カネサ食品と連携することが決定した。7月中旬、西田氏は製品化にこぎつけ、アメリカへ出荷して現地での販売をスタートさせた。

「商品が流通し、売れるまでは厳しい状況が続きますが、需要はあるはずです。今後は小売店やレストラン、モーテルなどに流通させたいです」

会社概要

東京都豊島区東池袋1丁目34番5号 いちご東池袋ビル6階

4688

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン
武蔵小杉アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ