起業家・経営者インタビュー

ムードに左右されない強い信念を持つ

更新日:2012.02.20

株式会社さんぴす 代表取締役 工藤 健二 氏

今回は「株式会社さんぴす」代表取締役の工藤 健二さんにお話を伺いました。工藤さんは健康食品(クエン酸含有商材)の製造、卸、小売をされています。

株式会社さんぴす

代表取締役 工藤 健二 様

Q1:起業したお仕事の内容を教えてください。
健康食品(クエン酸含有商材)の製造、卸、小売

Q2:前職のご経験を教えてください。
つかれず普及会の名称で昭和60年より(有)つかれ酢本舗の商品の宣伝、普及、啓蒙活動に従事していた。

Q3:なぜ起業しようと思いましたか?
新規格である(有)つかれ酢本舗が平成22年よっりクエン酸の原材料を中国産に変更したが、永年国産原料の自然食品を最大の安全、安心の要素としてPRにつとめてきたので、早急に国産原材料へ戻してもらう様に意見具申をしたが、聞き入れられず、逆に卸価格の一方的な急上昇の仕打ちを受け、継続した企業経営が本能になった。

Q4:起業前(起業前の数ヵ月間)、起業後で苦労したことは何ですか。
国産原料の手配とOEMによるPBの開発に時間的ゆとりがなく、漸く軌道に乗りかけた時に3.11の大震災で社会全体が機能しなくなり、健康食品への関心が一気にうすれたことで売り上げの低迷。

Q5:Q4で経験した苦労はどのように解消しましたか?
震災後は一時防災グッズを急遽取り入れ、売上低下を防いだ。

Q6:起業して良かったと思うことは何ですか。
長年の課題であり以前の親企業の下では改善できなかった問題点が簡単に解決できた。

Q7:これから起業しようと考えている方に対してアドバイスをするとしたらどのようなことですか?
核になる商材を確実にアピールし、単にムードに左右されない商品構成適正利潤の確保が絶対で理由の如実を問わずディスカウントは厳禁、一過性の商材より継続性の強い商品で固定客を増やす心掛け。

渋谷アントレサロン 2018年12月3日オープン! 2大キャンペーン中! オープン前のご契約で2ヶ月分無料

5536

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・川崎駅の拠点を、「11店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

7拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
渋谷アントレサロン
J
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ