産経新聞×銀座セカンドライフ タイアップ企画

【片桐実央の起業相談】クラウドファンディングで資金集め

更新日:2017.11.20

 Q 39歳の男性です。日本料理の店を開こうと、東京・赤坂で物件の賃貸借契約を締結するところです。広さは20坪ほどで賃料は月額40万円、敷金は賃料の6カ月分。ビル1階の路面店を出せることになり、来年のオープンに向けて準備しているところです。資金面で不安があるので相談したいと思います。

 A 39歳以下でしたら、都内で創業する場合は、東京都の「女性・若者・シニア創業サポート事業」という融資制度が利用できます。この制度は、女性、若者(39歳以下)、シニア(55歳以上)が対象で、創業前か創業後5年未満の場合は、金利1%で、1500万円(運転資金のみは750万円)まで融資を受けることができます。今回の場合は、2000万円近い内装工事費用と、敷金が設備資金にあたりますので、上限の1500万円の申請が可能です。

 それ以上融資を希望する場合は、公的融資である日本政策金融公庫から借りるのもお勧めです。日本政策金融公庫は政府系の金融機関で、金利は1%より高くなる可能性がありますが、創業後も継続して融資の申し込みができるので、お付き合いをしておくと、今後の資金調達の面で安心です。

 Q 融資以外に、資金面での何か良いアイデアはありますか。

 A クラウドファンディングの活用はどうでしょうか。クラウドファンディングは、「こんなモノやサービスを作りたい」「社会問題を解決したい」といった思いを持つ起案者が、インターネットを通じて不特定多数の人から資金を集める資金調達法です。今回の場合は、開業予定の日本料理店のコンセプトや思いをクラウドファンディングのサービス提供事業者のホームページに掲載し、例えば、1万円、3万円といった単位でスポンサーを募ります。そのお返し(リターン)に、食事券やお店のオリジナルグッズなどをお渡しします。資金調達という目的だけでなく、お店の見込み客やファンづくりにも役立ち、売り上げを伸ばしやすくなるメリットもあります。

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。

シニア起業支援会社の先駆けとして、起業セミナーや交流会の開催、レンタルオフィスの運営、事務サポートを展開。

著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社)、『片桐実央の実践! ゆる起業』(同友館)、『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)、『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)、『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)、他。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

4895

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン
武蔵小杉アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ