産経新聞×銀座セカンドライフ タイアップ企画

【片桐実央の起業相談】正しい箸の持ち方、教えたい

更新日:2018.01.15

 Q 正しい箸の持ち方を知らない子供たちが増えているように思います。改善するため、箸の持ち方を教える教室やワークショップを開講する予定です。箸の持ち方は、日本の食文化にも大きく影響し、大切なことだと感じています。

 A 開講にあたり、想定される顧客を検討しましょう。親子での参加であれば、お金は保護者からいただきます。この場合は個人向けのBtoCです。一方、ワークショップを主催する団体や法人からイベント企画料としてお金をいただく方法もあります。その場合は、法人向けなのでBtoBです。それぞれ営業方法や今後の展開が変わりますので、最初に検討しましょう。個人向けの場合は、集客のための広告宣伝費や労力がかかりますが、開催地域や講座内容を比較的自由に企画できます。一方、法人向けの場合は、主催者の意向をくみ取る必要があり、了承を得るまでに時間がかかります。また、基本的には主催者名での集客であり、主催者の知名度などが大きく影響します。さらに、講師をするのはご自身だけなのか、複数で教えるのかを決めましょう。複数講師の場合は、箸の持ち方を教えられる人材をどう育成するかを考える必要もあります。新たな認定資格を作るなら「一般社団法人」の設立もお勧めです。社団法人とは会員組織をつくり、講習料、認定料などの会費を得て、運営する法人格です。

 Q 子供の手のサイズに合った箸が少ないことも問題です。自分が考えたデザインの箸を製造販売したいと思います。ワークショップでも箸作りの体験イベントを開きたいです。

 A デザインに新規性があるなら、意匠登録しましょう。特許庁に意匠権として登録すると、他人からデザインをまねされるのを防ぐことができます。

 また、子供の成長に合わせて手に合ったサイズの箸を製造するというのであれば、箸を製造する種類が増えます。在庫リスクを回避するための工夫を考えましょう。例えば、1膳ずつの受注生産にする、自社で作らず、箸メーカーとタイアップするなどの方法があります。

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。

シニア起業支援会社の先駆けとして、起業セミナーや交流会の開催、レンタルオフィスの運営、事務サポートを展開。

著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社)、『片桐実央の実践! ゆる起業』(同友館)、『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)、『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)、『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)、他。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

4995

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ