アントレサロンよりお知らせ

コラム掲載
《ゆる起業®完全ガイド》【2022年版】渋谷のバーチャルオフィス10選/住所利用や登記が可能な施設をご紹介

更新日:2022.09.14

バーチャルオフィスとは、実際のオフィスを持たず住所のみを利用するサービスのことです。初期費用を格段に抑えられるだけでなく、一等地の住所を使うことができるため、年々バーチャルオフィスの需要が高まっています。コワーキングスペース(ドロップイン、時間貸し)を提供している施設を選べば、必要な時だけオフィスで仕事をすることも可能です。一口にバーチャルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。相場としては6,000円前後が多いですが、3,300~30,000円と幅広い価格帯で提供されています。入会金などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。渋谷区全体が「スタートアップ支援事業」に取り組んでいることもあり、地域全体が活気づいています。スタートアップ支援を掲げる企業も増えてきました。バーチャルオフィスを選ぶ時は、是非内覧に行くこともおすすめします。クライアント様が、名刺などを見て実際にオフィスへ足を運ばれることもあるので、受付があるか、建物の印象はどうかなどもチェックのポイントですよ。※記載価格は全て税込です。

 

続きはこちら▼
https://entre-salon.com/blog/rentaloffice/virtual-in-shibuya

11995

登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。銀座・東京・赤坂・新宿・渋谷・池袋・横浜・桜木町・川崎・大宮の拠点を、「14店舗 全部利用できる」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

10拠点がすべてご利用可能!

銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
東京アントレサロン
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
渋谷アントレサロン
J
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
桜木町アントレサロン
川崎アントレサロン
大宮アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ