夕刊フジ×銀座セカンドライフ 共同企画

【定年起業への挑戦!】会社を辞めるタイミングは?

更新日:2016.10.03

 地方に移住して起業する人を支援する制度が充実してきました。例えば、和歌山県では一定の条件を満たせば最大100万円の「起業補助金」を準備しています。(http://www.wakayamagurashi.jp/shigoto/kigyou/index.html)。その他、都市部からの移住を後押しし、起業してその地域に根付く人を応援する自治体は多いです。

 さて、問題は「いつ会社を辞めるのがベストのタイミングなのか?」ということです。

 特に50代の方は、まだ定年まで多少時間もありますし、家族のことも考えると難しいところですね。人それぞれで、これがベストというものはありませんが、私が見てきた中での例をお話しします。

 まず、「起業に必要な人脈や知識にめどがついた、起業したい事業に対する理解が深まったとき」。この時点で区切りをつける人が多いです。

 「起業後の具体的な計画をまとめた事業計画書ができたとき」。しっかり青写真が書けたときという方も多いです。ただし、事業計画書は作成して終わりではありません。何度でもブラッシュアップする必要があります。

 「有利な退職ができるとき」。つまり、早期退職制度などを活用するのですね。しかし定年までいたときと比べて目減りするケースが多いですので慎重に検討しましょう。

 「家族と話し合い、お互い納得ができたとき」。会社を辞めて起業、しかも移住を伴うならば家族の同意と協力は不可欠です。

 「資金面のめどがついた。テスト販売で手応えを感じたとき」。資金面に不安がないことが一番です。移住して起業を考えるなら、自治体の支援策を十分に検討しましょう。 (取材・構成:藤木俊明)

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

行政書士、1級FP技能士。学習院大学法学部卒業後、花王株式会社 法務・コンプライアンス部門法務部に入社し、法律の専門家としてアドバイス。その後、大和証券SMBC株式会社引受審査部に入社し、IPO支援を経験した後、祖母の介護をきっかけに、一生を通じて生きがいを感じる生活を実現するための支援がしたいと思い、2008年7月銀座セカンドライフ株式会社を設立、銀座総合行政書士事務所を開業し現在に至る。

シニア起業の支援会社として、①起業コンサル・事務サポート(起業相談サロン)、②レンタルオフィス運営(アントレサロン)、③セミナー交流会(アントレセミナー交流会)を開催している。年間の講演は100回を超え、毎月150件の起業相談を受け、これまで7,000件を超える。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

8395

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・渋谷駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・川崎駅・大宮駅の拠点を、「13店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

9拠点がすべてご利用可能!

銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
渋谷アントレサロン
J
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
桜木町アントレサロン
川崎アントレサロン
大宮アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ