夕刊フジ×銀座セカンドライフ 共同企画

夕刊フジ タイアップ企画 「夕刊フジ×銀座セカンドライフ 定年起業への挑戦」

【定年起業への挑戦 実践編】起業するための現実的な「2つの方法」

更新日:2018.10.18

75歳を過ぎて敢然と起業に挑戦する人がいる。外食チェーンすかいらーくの創業者で元社長の横川竟(よこかわ・きわむ)さん(80)だ。  横川さんの人生は起業への挑戦の連続だった。2008年にすかいらーくの代表取締役を退任した後の13年、75歳の時に高倉町(たかくらまち)珈琲第1号店を東京・八王子に出店...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】税理士に聞いた…

更新日:2018.10.11

第6回夕刊フジ定年起業応援サロンでは、山形宗紀(やまがた・そうき)税理士(60)を話を聞いた。  会社設立の手続き自体は司法書士・行政書士に依頼するのが普通だ。税理士には、会社をスタートさせてからの経営や納税のアドバイス、融資や補助金申請などの手伝いを依頼する。また、法人を設立して何期か過ぎたとき...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】印紙代に司法書士、行政書士…

更新日:2018.09.27

第6回夕刊フジ定年起業応援サロンでは、多くの中小企業・小規模事業者の経営サポートに関わってきた山形宗紀(やまがた・そうき)税理士(60)をゲストに迎え、「法人設立」をテーマに話を聞いた。  サロンに参加した読者は自らの手で法人を設立した経験がないこともあり、まず「設立の手順」「設立の費用」につ...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】定年後に地域に溶け込むきっかけにも…

更新日:2018.09.13

 定年起業挑戦中の海老名要一さん(65)は、会社員時代からプロボノ(会社員としてのスキルを生かした社会貢献ボランティア活動)に積極的に取り組み、地元のNPO法人の活動に参加してきた。  その経験を生かし、広報活動に苦労する小規模NPO法人を支援したいと「NPO向けICTを活用した広報セミナーの...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】「ゆるやかに続ける」 定年起業は無理せず「壁」を越える

更新日:2018.09.06

「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018」で優秀賞を受賞した海老名要一さん(65)は、ウェブサイトの完成度にこだわりすぎたことと資金計画の読み違いによって、起業の壁にぶつかってしまった。これは誰にでも起こり得ることだろう。  それではいったん起業は保留に? と聞くと、まったくそんなつも...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】いざ事業スタートも…事前にぶつかる壁

更新日:2018.08.30

「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018」で、「NPO向けICTを活用した広報セミナーの開催」で優秀賞を受賞した海老名要一さん(65)に、その後の事業の進捗についてお話を聞いた。すると、壁にぶつかり苦戦しているという。  「1つめの理由は、事業スタートに向けて完成度を求めすぎている自分...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】「空き店舗対策事業」の補助を活用しよう 

更新日:2018.08.23

 前回の夕刊フジ定年起業応援サロンでは、「好きな地域に移住して居酒屋を経営したい」という声が上がった。「定年後は自分の店を持ってみたい」という夢を抱く読者もいるだろう。しかし現実には、店舗の取得、改装、家賃などに費用がかさむ。  そこで、何か公的補助がないか調べてみた。現在、全国的に「空き店舗...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】定年後は「時間×人脈×情報」を活用して楽園生活を

更新日:2018.08.16

 夕刊フジ定年起業応援サロン第5回は、「週末の達人」「朝の達人」などの著書で知られるビジネス作家の小石雄一さん(60)を迎え、「定年楽園生活」というテーマで話を聞いた。  小石さんは定年後を楽園にするためには「時間×人脈×情報」が大切と語った。  「まずは時間の有効活用です。健康寿命の物...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】定年後の可処分時間を「楽園」にする 

更新日:2018.08.09

 「定年後いかに働くか?」をテーマに参加読者が語り合う「夕刊フジ定年起業応援サロン」。その第5回では、小石雄一さん(60)をゲストに迎え、話を聞いた。小石さんは経済産業省に勤務するかたわら、「週末の達人」「朝の達人」などの著書を出版。ビジネス書作家としても活躍した。  その小石さん、今年3月に...

つづきを読む

【定年起業への挑戦 実践編】お気に入りの町で店を持ちたい

更新日:2018.08.02

 夕刊フジ定年起業応援サロンでは、「定年後、いかに働くか?」をテーマに、読者同士で意見交換している。起業にかぎらず、副業や再雇用、再就職なども含め、「幅広い選択肢を持っていたほうがいい」という声が多い。また、定年後は「移住する」「2拠点または多拠点で暮らす」という暮らし方も魅力的だという声もあった。...

つづきを読む

渋谷アントレサロン 2018年12月3日オープン! 2大キャンペーン中! オープン前のご契約で2ヶ月分無料

5818

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・川崎駅の拠点を、「11店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

7拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
渋谷アントレサロン
J
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ