夕刊フジ×銀座セカンドライフ 共同企画

【定年起業への挑戦 実践編】クラウドファンディングで資金調達 

更新日:2017.12.18

無題

 起業時に必要なものの筆頭が「起業資金」だが、その調達方法はいろいろある。創業融資が代表的だが、近年注目されているのは「クラウドファンディング」という手法だ。

 「こんなものやサービスをつくりたい、こんな方法で世の中の課題を解決したい、などの思いを持つ人が、インターネットを通じて不特定多数の人から資金を募るという資金調達の方法です」(銀座セカンドライフ、片桐実央代表)

 たとえば東京都は、創業希望者や中小企業者のクラウドファンディングを活用した資金調達を支援している。東京都選定の「取扱クラウドファンディング事業者」を通じてクラウドファンディングを行うなど、所定の手続きを経ることで、手数料の原則2分の1(上限額30万円)が補助される。

 銀座セカンドライフも、入門者向け窓口やクラウドファンディングについての啓蒙セミナー開催などの業務を都から受託している。11月28日には東京・丸の内のTOKYO創業ステーションで、銀座セカンドライフと東京都選定の取扱クラウドファンディング事業者のひとつ、レディフォー社によるクラウドファンディングのセミナーが開催された。定年起業に挑戦中の読者、海老名要一さん(64)も聴講したという。

 「資金調達の新しい方法だと思っていましたが、それだけでなく、事業や商品のプロモーションやテストマーケティングにも活用できるということがわかりました。リスクは少ないようだと感じましたが、実施には資金提供者の共感を呼ぶ内容を盛り込む必要があること、そのためにはウェブサイトに載せるコンテンツが大切なんだと感じました。コンテンツに載せる写真や動画などの準備には協力者が必要ですね」(海老名さん)

 起業を決意してから、さまざまなセミナーに参加してきた海老名さんだが、ここにきて特に重要だと認識したキーワードがあるという。

 「事業計画書やウェブサイトのコンテンツを作成する時には『共感』というワードが重要だと感じています。協力してくれる仲間や友人を、いかに増やせるかですよね」

 海老名さんの起業活動は続く。(取材・構成 藤木俊明)

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。

シニア起業支援会社の先駆けとして、起業セミナーや交流会の開催、レンタルオフィスの運営、事務サポートを展開。

著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社)、『片桐実央の実践! ゆる起業』(同友館)、『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)、『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)、『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)、他。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

4895

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン
武蔵小杉アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ