夕刊フジ×銀座セカンドライフ 共同企画

【定年起業への挑戦 実践編】ビジネスプランコンテストに臨むコツ 

更新日:2018.01.29

 シニア起業を目指し、夕刊フジ定年起業応援サロンを活用してビジネスプランのコンテストに挑戦している読者、海老名要一さんの“起業奮闘記”をお送りしている。今回は、同サロンの運営者であり、自らもビジネスプランコンテストに多数入賞した経験を持つ銀座セカンドライフの片桐実央代表に、シニア世代がコンテストに臨む意義やコツを聞いた。

 --シニア起業を目指す人にとって、ビジネスプランコンテストに挑戦することはどのような意義があるのでしょうか

 「メディア露出や信頼性向上、補助金の合格につながります。また、自分がやろうとする事業に対する、客観的な評価を確認できますね。今回の読者の方のように、コンテストを目標に定めることで自身のモチベーションアップにもつなげられるでしょう」

 --ビジネスプランコンテストはどうやって探せばいいでしょうか? また、どのようなコンテストを選ぶといいでしょうか

 「中小企業庁が運営する『ミラサポ』というウェブサイトの『ビジネスコンテスト』のページが探しやすいです。事業展開に合わせて、開催地域やコンテストの趣旨が合致するものを選ぶといいと思います」

 --コンテストに応募する時は、どのようなことに気をつければいいでしょうか

 「一般的には『実現可能性』『継続性』『独自性』『収益性』『社会性』、そして『波及効果』というポイントを押さえて事業計画をまとめるといいですね」

 --コンテストで自分のプランを発表する時、どんなことに気をつければいいでしょうか

 「基本的なことですが、申請書類に不備がないことです。コンテストごとに審査ポイントは異なります。例えば、創業の動機が明確か▽セールスポイントや差別化が明確か▽提供する商品・サービスについてニーズはあるか▽経営基盤が確立されているか▽売り上げ、経費に根拠はあるか-などが審査されます」

 --応募しようという読者に向けてメッセージをいただけますか

 「自分の事業に弾みをつけるためにも、ぜひ積極的に応募してほしいです。私も4回目でやっと受賞したものもあるので、落ちても落ち込まず、再チャレンジしてください」(取材・構成 藤木俊明)

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。

シニア起業支援会社の先駆けとして、起業セミナーや交流会の開催、レンタルオフィスの運営、事務サポートを展開。

著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社)、『片桐実央の実践! ゆる起業』(同友館)、『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)、『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)、『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)、他。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

5323

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・川崎駅の拠点を、「11店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

7拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ