夕刊フジ×銀座セカンドライフ 共同企画

【定年起業への挑戦 実践編】定年後の可処分時間を「楽園」にする 

更新日:2018.08.09

 「定年後いかに働くか?」をテーマに参加読者が語り合う「夕刊フジ定年起業応援サロン」。その第5回では、小石雄一さん(60)をゲストに迎え、話を聞いた。小石さんは経済産業省に勤務するかたわら、「週末の達人」「朝の達人」などの著書を出版。ビジネス書作家としても活躍した。

 その小石さん、今年3月に経産省を定年退職し、現在は「定年楽園生活」というテーマで、ブログやソーシャルメディアを通じて情報発信を始めている。

 小石さんの著書には「時間価値の大切さ」を説いたものが多い。「時間を活用することは現役時代から心がけてきたことです。経産省時代はアフターファイブや土日曜を自分が自由に使える可処分時間とし、そこで本を28冊書きました。定年を迎えて、今後は100%可処分時間なわけです。こんなにうれしいことはない。しかし、実は可処分時間は残り少ないかもしれないのです」

 小石さんは、「健康寿命」という視点が必要だと続ける。「健康寿命とは誰の助けも借りずに健康的に日常生活を暮らしていける状態です。現在、男性の平均寿命は約80歳、女性は約86歳とされていますが、健康寿命でみると、男性は72歳ぐらいまでが平均値。あくまで平均値ですが、そう考えると60歳の私にはそんなに可処分時間は残されていないと感じます」

 次いで、小石さんは自作の有名人没年表を掲示した。ここ数年で亡くなった有名人の年齢をみると、60代から70代が多いことに気づく。「定年楽園生活というと、『何をお気楽なことを言う』と反発されるかもしれませんね。しかし実は残り少ない可処分時間。『楽園にしよう!』と前向きに考えませんか」

 次回は小石さん自身の計画を紹介する。(取材・構成 藤木俊明) 

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

行政書士、1級FP技能士。学習院大学法学部卒業後、花王株式会社 法務・コンプライアンス部門法務部に入社し、法律の専門家としてアドバイス。その後、大和証券SMBC株式会社引受審査部に入社し、IPO支援を経験した後、祖母の介護をきっかけに、一生を通じて生きがいを感じる生活を実現するための支援がしたいと思い、2008年7月銀座セカンドライフ株式会社を設立、銀座総合行政書士事務所を開業し現在に至る。

シニア起業の支援会社として、①起業コンサル・事務サポート(起業相談サロン)、②レンタルオフィス運営(アントレサロン)、③セミナー交流会(アントレセミナー交流会)を開催している。年間の講演は100回を超え、毎月150件の起業相談を受け、これまで7,000件を超える。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

10329

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。銀座・東京・赤坂・新宿・渋谷・池袋・横浜・桜木町・川崎・大宮の拠点を、「14店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

10拠点がすべてご利用可能!

銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
東京アントレサロン
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
渋谷アントレサロン
J
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
桜木町アントレサロン
川崎アントレサロン
大宮アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ