産経新聞×銀座セカンドライフ タイアップ企画

【片桐実央の起業相談】ステーキハウスの開業

更新日:2017.06.19

 Q ステーキハウス店の雇われ店長をしていますが、自分のお店を持ちたいという夢があります。独立開業の準備をしたいのですが、どのようなことに気を付けたらいいでしょうか。今のお店を譲ってもらうことも考えています。

 A 最初に確認する点として、(1)現在のオーナーがお店を手放す気があるか(2)ステーキハウスが賃借物件で営業している場合、貸主の承認を得られそうか-です。

 (1)(2)ともに可能性がある場合は、次の段階として、現オーナーの希望(例えば、従業員の雇用継続、店名の継承など)をヒアリングし、譲渡価格について算定を始めましょう。譲渡価格は今回、調理場機器や内装などの資産のほか、接客ができる従業員、リピーターの顧客なども評価し、その分も譲渡価格に上乗せすることになります。一般的には、年間利益に一定年数をかける評価が多いです。

 またオーナーが交代すると、顧客や従業員が戸惑うこともあります。譲渡後も、現オーナーと良好な関係を継続できるよう、よく話し合いましょう。

 Q 今のお店を買い取るとしても、自分で一から場所を探してお店を出すにしても、貯蓄だけでは資金が足りません。
 A 金融機関からの融資があります。例えば、政府系金融機関、日本政策金融公庫の場合は、無担保、無保証人でも一定の審査を経て借りられる「新創業融資制度」などがあります。創業計画書を書いて支店窓口で相談しましょう。

 また、事業を応援してくれるスポンサー(出資者)を募る方法もあります。株式会社の設立に向け、出資者=株主への配当や、ステーキハウスの特別メニューの提供や割引、イベント招待などといった優待を約束します。自分の出資比率が低いと、思うような経営ができなくなる可能性もありますので、大口ではなく小口の出資者を多数募るという考え方もあります。

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。

シニア起業支援会社の先駆けとして、起業セミナーや交流会の開催、レンタルオフィスの運営、事務サポートを展開。

著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社)、『片桐実央の実践! ゆる起業』(同友館)、『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)、『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)、『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)、他。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

4563

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン
武蔵小杉アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ