夕刊フジ×銀座セカンドライフ 共同企画

【定年起業への挑戦 実践編】二次審査プレゼンに向けパワポ作成

更新日:2017.12.25

無題

 定年起業に向け、「かながわシニア起業家グランプリ2018」に挑戦している読者、海老名要一さん(64)に、東京・東銀座の銀座アントレサロン5号館で会った。海老名さんはプレゼンテーション用のパワーポイント資料作りに没頭していた。

 「先日、書類による一次審査を通過したという知らせを受け取りました。そのため、二次審査用の事業計画書を作成してメールで送ったところです。二次審査ではプレゼンを行わなくてはならず、その投影用資料をパワーポイントで作成していたのです」(海老名さん)

 海老名さんはパソコンが得意で、パワーポイントなどのアプリも使いこなしていた。その経験が役立っているようだ。

 「しかし、人前でプレゼンテーションするなんて、いつ以来でしょうか。正直、心配で仕方ないですよ」

 海老名さんら一次審査通過者は、年明けすぐに二次審査のプレゼンに臨むことになる。投影する資料ファイルはその前に送らなければならないので、作成に忙殺されているそうだ。

 プレゼンのポイントについて尋ねると、「とにかく短い時間で説明しなくてはならないので、たくさん盛り込まず、大事な点を2つか3つに絞って話したい」と語ってくれた。とくに海老名さんは、地域の問題解決などにプロボノ(職業を生かしたボランティア)として携わってきた経験があるので、それを組み入れたいという。また、審査員の注目を引くために、プレゼンのスライドはビジュアルを生かしたものにするそうだ
 「この年末年始は準備で忙殺されそうですね」という海老名さんだが、起業すれば、取引先や金融機関などに自分の事業を説明する機会が増える。「そのためのいいリハーサルかもしれません」と前向き。一次審査に通ったことが自信につながっているようだ。 (取材・構成 藤木俊明)

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。

シニア起業支援会社の先駆けとして、起業セミナーや交流会の開催、レンタルオフィスの運営、事務サポートを展開。

著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社)、『片桐実央の実践! ゆる起業』(同友館)、『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)、『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)、『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)、他。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

4895

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン
武蔵小杉アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ