夕刊フジ×銀座セカンドライフ 共同企画

【定年起業への挑戦 実践編】準備期間にも別収入を増やすため…

更新日:2018.01.15

 年明け早々、定年起業に向け準備を進める海老名要一さん(64)に東京・東銀座の「夕刊フジ定年起業応援サロン」で会い、起業の進捗状況を聞いた。昨年末、元同僚たちとの忘年会があり、その場で自分の起業プランを披露したそうだ。

 「やはり一人で考えていると悶々としてしまうことが多く、第三者の意見を聞いてみたくなるのです。反応はマチマチでした」

 元同僚の反応は、「すごいね」というポジティブなもの、「ふーん、どうですかね」というネガティブなものの2つに分かれたという。後者のネガティブ反応では、とくに資金面の読みについて「甘い」という指摘を受けたそうだ。

 「でも、たしかにその通りなんです。その自己資金でやっていけるのか、という状態です。かつての会社員時代には、年度で予算計画されたことは稟議書を書いて粛々と進めれば特に問題ない生活を長年送ってきました。会社がとても潤っていて、払うものは早く払いたいといった夢のような時もありました。しかし起業したら、お金の出入りを管理するのは自分です。先行きが怪しいとなったら計画自体を見直すなど、厳しい態度で臨むしかありません」

 海老名さんは銀座セカンドライフの片桐実央代表が提唱する「ゆる起業」(ゆっくりマイペースでの起業)を心がけて進めてきたが、やはりお金のことだけはシビアにならざるを得ないようだ。家族にも「ゆる起業」の説明はしているが、自己資金についてしっかりとは伝えてはいないらしい。「途中で反対されないように、準備期間中にもフローの収入を増やす努力をして少しでも起業資金を稼いでおきたい」と言う。

 そのために海老名さんがチャレンジしているのが、クラウドソーシングによるネットでの仕事受注だ。過去の実績を整理してサイトに登録したところ、パラパラと仕事の依頼がきているという。副業的な仕事だが、会社を退職している海老名さんにとってはレッキとした資金調達の手段だ。

 ネットの活用は海老名さんの得意分野。定年起業に備えてのウェブサイトも自力で作成している。

 「お金のことは大事ですが、そればかり考えていると気がめいります。年末年始はウェブサイトの作成や点検をしていました」

 こうして海老名さんの定年起業に向けての1年がスタートした。 (取材・構成 藤木俊明)

銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央 プロフィール

片桐実央

起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。

シニア起業支援会社の先駆けとして、起業セミナーや交流会の開催、レンタルオフィスの運営、事務サポートを展開。

著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人~定年後は、社会と繋がり、経験を活かす~』(講談社)、『片桐実央の実践! ゆる起業』(同友館)、『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)、『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)、『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)、他。

著書一覧

初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック『初心者のためのセカンドライフ起業スクールハンドブック』(神奈川県生涯現役促進協議会)
かながわシニア起業ハンドブック『かながわシニア起業ハンドブック』(神奈川県)
あおもりシニア起業ハンドブック『あおもりシニア起業ハンドブック』(青森県)

5323

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・川崎駅の拠点を、「11店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

7拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ