沼田 洋一様

沼田 洋一 様の起業支援事例をご紹介

オープンサロンを活用して多くのお客さまと会っている

沼田 洋一 様

新電力サービス株式会社
代表取締役

沼田 洋一

起業時の年齢:
58歳

業種:
電力小売代理店

沼田洋一さんは電力自由化をビジネスチャンスととらえ、新電力サービス株式会社を立ち上げて、電力卸大手イーレクッス株式会社の正規代理店として起業し、3年目を迎える。事業を行うエリアとして選んだのが東京・東銀座の地だった。

ご利用いただいた銀座セカンドライフの起業支援サービス

事業計画支援 販路開拓
レンタルオフィス 個別相談
法人設立 交流会
融資支援 起業セミナー
補助金支援 事務サポート

沼田 洋一 様へのインタビュー

沼田さんが、アントレサロンを選んだポイントを教えてください。

新聞を読んでいて、銀座セカンドライフの片桐社長のことを知り、その本も購入しました。レンタルオフィスという事業形態がいいかなと、他にも探したのですが、一番コストパフォーマンスがよかったのでアントレサロンを選びました。自分は以前築地(東銀座のすぐ近く)に住んでいたことがあって、この辺のエリアには土地勘があったのですよ。今住んでいる場所からも1本で来られるし利便性が高い場所でした。

それが3年前だったのですね。

新電力の販売代理を行うことで起業を決め、自分で法人設立の手続きを行いました。しかし、片桐社長には起業相談でお世話になり、事業計画書を見てもらいましたね。事業資金はある程度準備していたので、創業時の融資などは必要ありませんでした。

アントレサロンが役に立っているところはどんなところですか?

まず、自分が拠点にしている旭ビルにはオープンサロンがあります。このサロンが使いやすいんですよ。お客さまを呼びやすいし、自分が書類整理したり、プランを練ったりするときにも、机が大きいと仕事がしやすいのです。
もうひとつはロッカーですか。私がメインで使っているノートパソコンはけっこう大きいので持ち歩くのがたいへんなのです。なので、ロッカーに入れておき、出社したら取り出して使います。さらにもうひとつは複合機の性能がいいことですね。自分の家のプリンターではなかなかきれいに印刷できません。見積書など大事な書類は、アントレサロンの複合機を使い、カラーで印刷します。
直接まだビジネスに結びついてはいませんが、アントレサロンで顔なじみができています。一緒に昼食に行ったり、いろんな話をしたりできるのもいいですね。同じ意味でアントレサロンの交流会で新しい人脈ができるのもありがたいことです。

交流会で人脈をつくるには何かコツがありますか?

CMにもありますが、名刺交換して、名刺ばっかり集めていてもダメです。名刺交換したあとに、すぐメールでアプローチすることでしょう。交流会で会って話が弾み、途中で終わってしまったなんてときは、電話でもいいかもしれません。でもまあメールの方がいいでしょうね。自分でも独自に異業種での交流会を主催していこうと動いていますよ。

5323

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・川崎駅の拠点を、「11店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

7拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ