起業家・経営者インタビュー

起業とはすべての結果が納得して受け入れられること

更新日:2011.02.23

東京金子特許事務所 所長・弁理士 金子 宏 氏

今回は、「東京金子特許事務所」所長・弁理士の金子宏さんにお話を伺いました。金子さんは中小企業、ベンチャー企業、起業家の方に特化した特許や商標の申請支援をしています。

東京金子特許事務所

所長・弁理士 金子 宏 様

東京大学工学部計数工学科 卒
大手企業の研究者、研究マネージャを10年以上経験。コンピュータソフトウェア(自然言語処理、音声処理、障害者支援)の研究に従事。他分野を含む企業の研究全体の評価・企画も経験。ベンチャー企業の役員を3年以上経験。事業の立ち上げ、知財管理、経営全般に従事。

【特許について主な経験分野】
・コンピュータソフトウェア
・携帯電話上のソフトウェア
・ビジネスモデル
・医療機器
・日用雑貨

――大企業やベンチャー企業に勤めていた経歴もあるということですが、なぜ起業しようと思いましたか?
ベンチャー企業の役員として特許事務所の方とのコミュニケーションをしていた時、先方が誠実に対応してくださっていたにもかかわらず、こちらの考えを十分に伝えられないことが多くありました。そこで、中小企業・ベンチャー企業の立場で、考えを理解して行動する特許事務所を運営したいと考えました。

――起業前後で苦労したことは何ですか。またその苦労の解消法を教えてください。
起業前は、一番苦労したのは弁理士資格の取得です。起業後は、立ち上げ時の顧客獲得に苦労しました。苦労が「解消」したわけではなく、今でも顧客獲得に苦労して、努力しています。それでも、ホームページによる情報発信と、交流会における人脈作りで起業直後と比較して安定して顧客獲得できるようになりました。

――起業して良かったと思うことは何ですか。
自分の考えに従って行動することができ、成功した時は嬉しく、失敗した時でも納得して受け入れられることです。起業を考えている方に伝えたいのは、実現したいことに向かって行動するのですから、「苦労」があったとしても「苦痛」に感じることはないという私の感想です。

――特許事務所ということで起業にあたって注力した点は何ですか?また、具体的にはどのようなことですか?
特許事務所はどこでも同じサービス(特許出願など)をしています。独自に開発した商品を販売する場合と違い、自分の特長を顧客に理解していただくことに注力しました。
中小企業・ベンチャー企業の立場で行動するため、

(1)特許などの費用と効果についてていねいにご説明し、費用対効果の点でご納得いただくように努めること。

(2)迅速に対応し、「(例えば)特許出願したい」と考えた顧客が、待たされたという感じを持たずに、顧客のビジネス・スケジュールに合わせるように努めること。

この2点に注力しました。

金子先生は、とてもフットワークが軽いです。弊社がお客様を紹介した場合、すぐに連絡を取り、今日・明日中にお客様とお会いしています。ビジネスにおいて迅速な対応は大切です。

会社概要

会社名:東京金子特許事務所
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-5-11 新宿三葉ビル5F
連絡先:TEL:03-5339-6856 / FAX:03-5339-6857
URL:http://www.tokyo-kaneko-po.com

4995

住所と仕事机がほしい!
フリーデスク【月額9,980円】:お得な大人気プラン。東京駅・銀座駅・新宿駅・池袋駅・横浜駅・桜木町駅・武蔵小杉駅の拠点を、「8店舗 全部利用できる」
登記や名刺の住所が欲しい!
バーチャルオフィス【月額3,990円】:郵便物の受け取り・保管。予約すれば会議室も利用可能。「起業スタートに役立つ」
事務所を確保したい!
個室【月額52,500円】:鍵付きの専有スペース。ネット電源は完備。「即スタート 机・椅子・本棚付き」

8拠点がすべてご利用可能!

東京アントレサロン
東京駅3分 日本橋駅3分
銀座アントレサロン
銀座駅5分 東銀座駅2分 新橋駅6分
新宿アントレサロン
新宿三丁目駅1分 新宿駅8分 新宿伊勢丹4分
池袋アントレサロン
JR池袋駅5分 東京メトロ池袋駅6分
横浜アントレサロン
横浜駅4分 駅地下街直結
川崎アントレサロン
桜木町アントレサロン

内覧ご予約・お問い合わせ

メルマガ登録 アントレサロン通信

ページのトップへ