補助金・助成金で起業資金を調達する方法とメリット・デメリットを徹底解説

レンタルオフィスをご検討中の方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国や地方公共団体が実施している中小企業や小規模事業者むけの支援策の一つに、「補助金・助成金」があります。

これらは起業家や中小企業が利用できる制度で、要件を満たした場合に、国や地方公共団体などの実施団体から返済不要の資金が支給されます。

補助金・助成金の違い

補助金助成金は、どちらも返済不要の資金が支給されるという点では似ています。

一般的に補助金は審査があり通過しなければ支給されないといわれています。一方で、助成金は資格要件を満たせれば支給されるといわれています。

ただし助成金と名がついていても、審査に合格しなければ支給されないものもあるため、はっきりとした違いというものはありません

補助金・助成金のメリットとデメリット

メリット

返済不要

融資などの借り入れとの大きな違いは、やはり支給された後に「返済する必要がない」という点です。返済がないことは資金繰りを考える上で有利になります。

活用できる機会が複数ある

補助金・助成金は星の数ほどあると言われています。

活用できる代表的なケースですと、「起業するとき」「人を雇うとき」「従業員の能力を伸ばすために研修をするとき」「販路開拓をするとき」等があります。

事業の段階に合せて補助金・助成金を活用できれば資金面で助けになります。

支給が確定している

支給が決まると、変更やミスがない限りは支給時期と支給金額がある程度確定されます。「いつまでに、この金額がもらえる」ということが分かっていると、やはり資金繰りを考える上で助けになります。

第三者から評価をされた実績になる

書類審査や面接審査がある補助金などがありますが、それの補助金を支給された場合、第三者からの審査を受け、「評価された」ということになります。この実績があると後々の融資や他の補助金・助成金の審査などでプラスに加味される可能性があります。

デメリット

資格要件や審査がある

申請をするためには定められた資格要件をクリアする必要があります。1つでもクリアできないものがあると、申請することが出来ません

また、書類審査や面接審査があるケースも多く、合格しないと支給されません。

経費を使った後に助成金を受け取る

後払いなので、さきに自社の資金を使わなければなりません。

資金が心配な方は、採択された後、採択決定の通知がきますので、それを持って融資申請するのも一つの考えです。金融機関の方も安心されます。

使った経費の全額が支給されるわけではない

かけた経費の全額が支給されるわけではなく、補助率・助成率というものがあり、通常は使った経費のうちの2/31/3までしか支給されません。また、最大●●円までと支給金額の上限も決まっています。

例えば、450万円の経費のうち2/3までの300万円までの支給される場合、経費が500万円であっても、300万円までしか支給されません。

助成金申請には書類作成・審査があり

それぞれ申請書類や添付書類が指定されているので、その様式に沿って作成しなければなりません。審査の採択率という言葉がありますが、それも補助金・助成金ごとに違うので過去の採択率を参考にするとよいと思います。自治体によっては先着順のものもあります。

経費をかける前に助成金申請の必要あり

一般的に①申請→②審査→③採択(合格)→④経費を使う順番で、助成金毎に決められた期間を経てから、支給申請をし、助成金が支給されるという流れになります。ですので、これから使う経費の計画を作成し、採択された後に使った経費のみが対象となります。

申請から助成金受給までの流れに注意

申請期間中に申請しないと対象外です。それぞれに対象期間があるのでチェックしましょう。すでに期間を過ぎてしまったものは、諦めてしまうのではなく次の公募を待つようにしましょう。

起業時に活用できる代表的な補助金・助成金

創業補助金

正式名称は「創業・事業継承補助金」といい、新たな需要や雇用の創出等を促し、日本の経済を活性化させることを目的に、新たに創業する者に対して創業等に要する経費の一部を助成されるものです。

補助率は1/2以内となっており、最大で200万円まで支給されます。

再就職手当

雇用保険の失業等給付の就職促進給付のなかにある「再就職手当」のことで、基本手当の受給資格がある方が起業または安定した職業に就いた場合に支給されるものです。

おわりに

星の数ほどある補助金・助成金ですが、いまどのようなものがあって、いつ募集しているは、ご自身で確認いただかなければなりません。

その場合には、①行政でパンフレットをもらってくる。②行政のホームページをチェックする。③ご自身に合った助成金・補助金をインターネットでキーワード検索することで探すことが出来ます。

インターネットで検索する時には、単に「助成金・補助金」ではなく、これからご自身が経費をかけようと思っているものをキーワード(例「ホームページ 助成金」など)として、検索してみるとよいでしょう。