2018年 1月 の記事一覧

創業と設立の違いは?いまさら聞けないその違い

取引先の「〇周年記念」というのに目を配り、お祝いに祝電を送ることもあるかと思います。その時に創業」「設立の違いが答えられますか?普段から使っていても、いざ説明するとなるときちんと答えられず、曖昧に認識している方も多いのではないでしょうか?

この機会に聞かれたときにきちんと答えられるように確認しておきましょう!

続きを読む

サラリーマンで副業する方法!

政府が推進する「働き方改革」に後押しされ、現在、副業・兼業が注目を集めています。

とはいえ、副業を許可、あるいは推奨している企業はまだまだ少ないのが現実。そこで重要になるのがいかに会社にバレずに副業するかという方法です。

今回は「サラリーマンは続けたい。でも副業もしたい。」というあなたのために副業する際に押さえておくべき点を紹介します。

続きを読む

副業解禁にまつわるリスクの話

政府が2017年にまとめた「働き方改革」の計画では、「副業・兼業の推進」が掲げられ、厚生労働省は副業解禁というキーワードを基に、動きを見せる気配があります。

しかし本業を抱えている人からすると、「副業」という言葉から「副業するとリスクがある」というイメージを持たれることもあるでしょう。まずは3つのリスクについて紹介します。

続きを読む

【会社員の方必見!】副業禁止だと何もできない?

サラリーマンの方は、仕事をしていて、「月5万でも10万でも稼げたら生活が楽になる」「もっとお金があったら○○が出来るのに」と考えることはありますよね。

ですが、会社の就業規則を確認すると「副業禁止」となっていることも少なくはありません。

続きを読む

副業でかかる税金は?気をつけたいポイントについて

サラリーマンが副業によって収入を得た場合、以外と見落としがちなのが税金の存在です。副業の場合でも、所得金額が少ないにも関わらず確定申告が必要となる場合があります。また、逆に、多い場合でも確定申告が不要となるケースもあります。

ここでは、副業でかかる税金について、気をつけたいポイントをいくつかご説明します。

続きを読む

どこからが副業?副業の定義とは!

最近、人材育成の一環として、異業種などで働く「副業」を認める企業が増えています。中でも、大手企業のコニカミノルタソフトバンクや、ディー・エヌ・エー(DeNA)が、副業を容認するニュースが昨年話題になりました。

続きを読む

副業で確定申告!必要な人、不要な人を解説!

最近話題になっているように、副業する方も増えてきています。しかし、副業をしている方の中には確定申告のことをよく知らず、自分が確定申告をする必要があることに気づいていない方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

起業理由は何ですか?そこには意外な理由が…

起業した方にそのきっかけを聞いてみると「収入を増やしたかった」、「定年の無い仕事をして収入を確保したかった」「自分で事業を始めてみたかった」「尊敬する人が経営者だった」「会社ではやりたいことができなかった」等さまざまな回答が返ってきます。

実際に起業をした方に、「起業しようと思った理由」を聞いてみると、意外にもある共通項が浮かび上がってきました。

続きを読む

起業前に知っておきたい!起業後にかかる税金まとめ

事業を営む中で、ついて回るのが「税金」です。

「税理士に任せるから大丈夫」と考えている方も、どんな税金がかかるのか知っておいて損はありません。なかには、赤字であっても払わなければならない税金もあるからです。

また個人事業主と法人によっても違いがあります。今回は個人事業主法人とに分けて、税金についてまとめました。

続きを読む

起業仲間が欲しい。失敗しないビジネスパートナー選びの必須事項!

起業して、事業を始める際、ビジネスパートナーが必要という方も多いと思います。このビジネスパートナー選びがうまくいかないと、事業の方向性が違う方や無駄な時間を過ごすだけの方と組んでしまうこともあり、お互いに損をしてしまったり、事業そのものがうまくいかなかったりするケースもあります。

続きを読む

起業の成功率が低い理由。失敗してしまう3つのポイント

「会社に縛られたくない」「満員電車に揺られるのは嫌だ」「サラリーマン以上の収入を得たい」など、起業の動機は様々です。

そのような不満を解消できる1つの手段として起業される方も多くいると思います。また、大志を抱き起業をされる方も多くいます。しかし志半ばで事業を諦めて廃業してしまう方がいるのも事実です。

今回は、企業の生存率事業を失敗してしまう理由について解説していきたいと思います。

続きを読む

起業で失敗!起業を志す方への6つのアドバイス

働き方の多様化や、政府が設ける様々な制度も後押しして、今や起業はブームとなっています。

その起業ブームおかげで「起業」という言葉がとても身近になってきました。日本政府の方針で、開業率5.2%(2015年度)を日本の成長戦略で10%に引き上げるということが決定しています。

つまり、国は起業を増やそうとしています。

続きを読む

補助金・助成金で起業資金を調達する方法とメリット・デメリットを徹底解説

国や地方公共団体が実施している中小企業や小規模事業者むけの支援策の一つに、「補助金・助成金」があります。

これらは起業家や中小企業が利用できる制度で、要件を満たした場合に、国や地方公共団体などの実施団体から返済不要の資金が支給されます。

続きを読む