コワーキングスペースの記事一覧

小規模事業者持続化補助金が使いやすくなりました

2012年から始まった「小規模事業者持続化補助金」は、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的としています。申請枠は大きく分けて「通常枠、特別枠」の2つです。

今回新設された特別枠によって種類が増え、採択率なども考えると小規模事業者持続化補助金が更に使いやすくなったと思われます。創業したばかりの人には「創業枠」も用意されているのですが、ここでは主に創業枠について解説します。

続きを読む

【2022年版】銀座のレンタルオフィス10選!格安個室や格安シェアオフィスなど

レンタルオフィスとは、オフィス家具やWi-fiなど、仕事に必要な設備を備えた貸しオフィスです。
賃貸オフィスと比べて内装工事など必要がなく、入居からすぐに仕事が始められるところが大きなメリットです。
同施設内に会議室を設けている施設もあるので、来客時の対応もスムーズに行うことができます。

一口にレンタルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

相場としては90,000円前後が多いですが、55,000~242,000円と部屋の広さや設備によって様々な価格帯で提供されています。
共益費などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

銀座は昔から商業の中心地。交通の利便が良く、オフィスビルが多いです。
レンタルオフィスは提供される設備をしっかり確認することをおすすめします。
完全個室なのか、ブース席なのか、来客時に使えるスペースはあるかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

【2022年版】渋谷のレンタルオフィス8選!個室や格安シェアオフィスをご紹介

レンタルオフィスとは、オフィス家具やWi-fiなど、仕事に必要な設備を備えた貸しオフィスです。
賃貸オフィスと比べて内装工事など必要がなく、入居からすぐに仕事が始められるところが大きなメリットです。
同施設内に会議室を設けている施設もあるので、来客時の対応もスムーズに行うことができます。

一口にレンタルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

料金は「要問合せ」というオフィスが多いですが、50,000~198,000円と部屋の広さや設備によって様々な価格帯で提供されています。
共益費などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

渋谷区全体が「スタートアップ支援事業」に取り組んでいることもあり、地域全体が活気づいています。
スタートアップ支援を掲げる企業も増えてきました。
レンタルオフィスは提供される設備をしっかり確認することをおすすめします。
完全個室なのか、ブース席なのか、来客時に使えるスペースはあるかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

【2022年版】川崎のバーチャルオフィス7選!法人登記可能なバーチャルオフィスや口座開設もご案内

川崎のバーチャルオフィスを探している方におすすめ!

川崎市内のバーチャルオフィス・コワーキングスペースについて料金や住所、営業時間などの基本情報の他、各施設の特徴をまとめました。

また、記事の最後にはバーチャルオフィスでの銀行口座開設に関する情報も載せているため、川崎で起業をお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

※価格は全て税抜です。

続きを読む

【2022年版】渋谷のバーチャルオフィス10選/住所利用や登記が可能な施設をご紹介

バーチャルオフィスとは、実際のオフィスを持たず住所のみを利用するサービスのことです。
初期費用を格段に抑えられるだけでなく、一等地の住所を使うことができるため、年々バーチャルオフィスの需要が高まっています。
コワーキングスペース(ドロップイン、時間貸し)を提供している施設を選べば、必要な時だけオフィスで仕事をすることも可能です。

一口にバーチャルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

相場としては6,000円前後が多いですが、3,300~30,000円と幅広い価格帯で提供されています。
入会金などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

渋谷区全体が「スタートアップ支援事業」に取り組んでいることもあり、地域全体が活気づいています。
スタートアップ支援を掲げる企業も増えてきました。
バーチャルオフィスを選ぶ時は、是非内覧に行くこともおすすめします。
クライアント様が、名刺などを見て実際にオフィスへ足を運ばれることもあるので、受付があるか、建物の印象はどうかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

【2022年版】銀座のバーチャルオフィス11選/おすすめや料金相場、魅力についてご紹介

バーチャルオフィスとは、実際のオフィスを持たず住所のみを利用するサービスのことです。
初期費用を格段に抑えられるだけでなく、一等地の住所を使うことができるため、年々バーチャルオフィスの需要が高まっています。
コワーキングスペース(ドロップイン、時間貸し)を提供している施設を選べば、必要な時だけオフィスで仕事をすることも可能です。

一口にバーチャルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

相場としては6,000円前後が多いですが、3,300~13,300円と幅広い価格帯で提供されています。
入会金などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

銀座は昔から商業の中心地。交通の利便が良く、オフィスビルが多いです。
バーチャルオフィスを選ぶ時は、是非内覧に行くこともおすすめします。
クライアント様が、名刺などを見て実際にオフィスへ足を運ばれることもあるので、受付があるか、建物の印象はどうかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いって何?

事業を始めるためには、オフィスの準備が必要です。
自宅やカフェで働く方もいますが、最近ではバーチャルオフィスレンタルオフィスを利用する方が増えています。

バーチャルオフィスとレンタルオフィスにはそれぞれ特徴があり、メリットを詳しく知っておけば、最適なオフィスを選びやすくなります。

ここでは、バーチャルオフィスとレンタルオフィスのメリットや違いについて、詳しくご紹介します。

続きを読む

テレワーク社会を生き抜く為のちょっとした工夫(ストレス解消)

コロナ禍をきっかけに、「テレワーク」を導入した会社が多いと思いますが、大きな変化でストレスを感じている人もいるのではないでしょうか?また、新たな環境に飛び込んで奮闘中の新社会人の皆さん、会社員の皆さん、新たに起業した皆さん、どんな方々でもストレスは誰もが多かれ少なかれ受けているものです。

コロナ収束後も多くの会社でテレワークを継続することが予想されますが、うまく処理できていないと体や心、仕事に大きな影響を及ぼします。

今回は、手軽にストレスを解消できる方法、ストレスを貯めない働き方を紹介します。ちょっとだけ、お仕事の手を休めて覗いてみてくださいね。

続きを読む

【2022年版】渋谷のコワーキングスペースおすすめ11選!ドロップインも人気です!

渋谷区は、地域全体が「スタートアップ支援事業」に取り組んでいることもあり、起業にチャレンジしやすい仕組みの整備が進み活気づいています。スタートアップ支援を掲げる企業も増えていく中、需要が高まってきているのがコワーキングスペースです。

大きな商業施設に設置されているコワーキングスペースも増えてきたので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

渋谷駅はJR、東京メトロ、東横線、井の頭線が利用できる一大ターミナル駅で、コワーキングスペースの激戦区。それだけに、各施設様々な特色があります。

価格を抑えたい、複数店舗を使いたい、駅から近い施設を利用したい、施設の内装を重視する…。

おすすめポイントも一緒に紹介するので、ご自身の希望に近い店舗を探してみてください。毎日は利用しないという方のためにドロップイン(時間貸し)可能の施設もご紹介します。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

【2022年版】銀座のコワーキングスペース10選!ドロップイン・月額利用・登記可・ロッカー・フリードリンクなど

テレワーク普及に伴い「自宅以外のワークスペースが欲しい」と考えたことはありませんか。そんな方にピッタリなのが「コワーキングスペース」の利用です。

自分の作業スペースを確保でき、施設のサービスを利用しながら集中して仕事に取り組めると、コワーキングスペースを利用する方が増えてきています。

資格取得のために自習室として利用される方もいらっしゃいますよ。

毎日は利用しないなぁという方のために、ドロップイン(時間貸し)可能の施設もご紹介します。

銀座は昔から商業の中心地。交通の利便が良く、オフィスビルが多いです。

コワーキングスペースも増えてきたので、各施設様々な特色があります。

価格を抑えたい、複数店舗が使えるサービスが欲しい、フリードリンクを利用したい、高級感のある施設で仕事がしたい…。

おすすめポイントも一緒に紹介するので、ご自身の希望に近い店舗を探してみてください。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

ドロップインできるコワーキングスペースまとめ

ドロップインできるコワーキングスペース

近年フリーランスや起業家、そしてテレワークの普及により「コワーキングスペース」「ドロップイン」利用が増えています。

コワーキングスペースとは、個人や複数の企業が仕事場を共用するワークスペースのことです。
また、ドロップイン利用とは都度利用を意味します。

コロナ禍でテレワーク需要が増え、コワーキングスペースにおけるドロップインを利用する方が多くなりました。今回はドロップイン利用の相場やメリット・デメリットを説明すると共に、利用時のちょっとしたアドバイスをします。

続きを読む