Karigoの記事一覧

【2023年版】銀座のレンタルオフィス10選!格安個室や格安シェアオフィスなど

レンタルオフィスとは、オフィス家具やWi-fiなど、仕事に必要な設備を備えた貸しオフィスです。
賃貸オフィスと比べて内装工事など必要がなく、入居からすぐに仕事が始められるところが大きなメリットです。
同施設内に会議室を設けている施設もあるので、来客時の対応もスムーズに行うことができます。

一口にレンタルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

相場としては90,000円前後が多いですが、55,000~242,000円と部屋の広さや設備によって様々な価格帯で提供されています。
共益費などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

銀座は昔から商業の中心地。交通の利便が良く、オフィスビルが多いです。
レンタルオフィスは提供される設備をしっかり確認することをおすすめします。
完全個室なのか、ブース席なのか、来客時に使えるスペースはあるかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

【2023年版】渋谷のレンタルオフィス8選!個室や格安シェアオフィスをご紹介

レンタルオフィスとは、オフィス家具やWi-fiなど、仕事に必要な設備を備えた貸しオフィスです。
賃貸オフィスと比べて内装工事など必要がなく、入居からすぐに仕事が始められるところが大きなメリットです。
同施設内に会議室を設けている施設もあるので、来客時の対応もスムーズに行うことができます。

一口にレンタルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

料金は「要問合せ」というオフィスが多いですが、50,000~198,000円と部屋の広さや設備によって様々な価格帯で提供されています。
共益費などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

渋谷区全体が「スタートアップ支援事業」に取り組んでいることもあり、地域全体が活気づいています。
スタートアップ支援を掲げる企業も増えてきました。
レンタルオフィスは提供される設備をしっかり確認することをおすすめします。
完全個室なのか、ブース席なのか、来客時に使えるスペースはあるかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

【2023年版】川崎のバーチャルオフィス7選!法人登記可能なバーチャルオフィスや口座開設もご案内

川崎のバーチャルオフィスを探している方におすすめ!

川崎市内のバーチャルオフィス・コワーキングスペースについて料金や住所、営業時間などの基本情報の他、各施設の特徴をまとめました。

また、記事の最後にはバーチャルオフィスでの銀行口座開設に関する情報も載せているため、川崎で起業をお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

※価格は全て税抜です。

続きを読む

【2023年版】横浜のバーチャルオフィス10選!月額3,800円~横浜市西区・神奈川区・港北区など

横浜市は豊富な人材と優れたアクセスを背景に、業種や規模を問わず、多くの企業が集積しています。モビリティやIT、ライフサイエンス、ものづくりなど、多様なグローバル企業の研究開発拠点が集積し、最高峰のプレイヤーが集まる都市です。

東京駅まで24分、東海道新幹線の全車両が停車する新横浜まで8分と、国内各地への移動がスムーズです。また、羽田空港も22分と、国内外の主要なビジネスエリアへのアクセスも優れています。

駅周辺の施設も充実しており、西口には、デパート「横浜タカシマヤ」、「相鉄ジョイナス」、「ビックカメラ」などの商業施設があります。このほかに横浜駅に直結・商業隣接する施設もあり、「横浜モアーズ」、地下街「ジョイナス」、映画館「ムービル」などもあります。徒歩5分圏内には、「横浜ビブレ」、「東急ハンズ 横浜店」、スーパー「ダイエー」、多くの飲食店などもあります。

今回はそんな横浜エリアのバーチャルオフィスをご紹介します。

続きを読む

【2023年版】渋谷のバーチャルオフィス10選/住所利用や登記が可能な施設をご紹介

バーチャルオフィスとは、実際のオフィスを持たず住所のみを利用するサービスのことです。
初期費用を格段に抑えられるだけでなく、一等地の住所を使うことができるため、年々バーチャルオフィスの需要が高まっています。
コワーキングスペース(ドロップイン、時間貸し)を提供している施設を選べば、必要な時だけオフィスで仕事をすることも可能です。

一口にバーチャルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

相場としては6,000円前後が多いですが、3,300~30,000円と幅広い価格帯で提供されています。
入会金などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

渋谷区全体が「スタートアップ支援事業」に取り組んでいることもあり、地域全体が活気づいています。
スタートアップ支援を掲げる企業も増えてきました。
バーチャルオフィスを選ぶ時は、是非内覧に行くこともおすすめします。
クライアント様が、名刺などを見て実際にオフィスへ足を運ばれることもあるので、受付があるか、建物の印象はどうかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む

【2023年版】銀座のバーチャルオフィス11選/おすすめや料金相場、魅力についてご紹介

バーチャルオフィスとは、実際のオフィスを持たず住所のみを利用するサービスのことです。
初期費用を格段に抑えられるだけでなく、一等地の住所を使うことができるため、年々バーチャルオフィスの需要が高まっています。
コワーキングスペース(ドロップイン、時間貸し)を提供している施設を選べば、必要な時だけオフィスで仕事をすることも可能です。

一口にバーチャルオフィスと言っても、提供されるサービスは様々。
ご自身のニーズに合ったサービスを提供しているかが見極めのポイントです。

相場としては6,000円前後が多いですが、3,300~13,300円と幅広い価格帯で提供されています。
入会金などは必要か、登記は基本料金に含まれているか、使いたいオプションサービスはいくらかなど、基本料金以外にかかってくる費用も含め、比較していきましょう。
この記事では、おすすめポイントも上げているので参考にしてみてください。

銀座は昔から商業の中心地。交通の利便が良く、オフィスビルが多いです。
バーチャルオフィスを選ぶ時は、是非内覧に行くこともおすすめします。
クライアント様が、名刺などを見て実際にオフィスへ足を運ばれることもあるので、受付があるか、建物の印象はどうかなどもチェックのポイントですよ。

※記載価格は全て税込です。

続きを読む