新型コロナウイルス感染症の記事一覧

給付金、補助金、助成金の違いは?いまさら聞けないその違い

新型コロナウイルス感染症感染拡大で、政府により様々な経済支援策が講じられています。
給付金補助金助成金がこれらにあたり、原則返済不要です。

しかしながらどのような種類の支援策があるかはあまり知られておらず、またそれぞれの用語についていまいち馴染みがないかもしれません。今回は代表的な給付金、補助金、助成金の紹介と、それらの性質の違いについて紹介します。

続きを読む

【コロナ支援策】テナント事業者の家賃負担軽減!家賃支援給付金申請について

6月12日に令和2年度二次補正予算成立により最大600万円の家賃補助「家賃支援給付金」の実施が正式に決定し、7月14日より申請受付が開始されました。

事業経営者にとって家賃・地代は大きな負担となる固定費のひとつです。

新型コロナウイルス感染症をきっかけに、5月の緊急事態宣言の影響などで売上が急激に落ち込んでいるオフィスビルやテナント事業者の家賃・地代の負担を軽減し、事業継続を下支えするための給付金です。

続きを読む

今だからやるべき!コロナ禍での資金調達の方法(融資編)

今年に入って、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業・短縮営業をする店舗、あるいは売上高の減少で経営が危なくなっている事業者の声など連日各メディアで取り上げられています。

今回はコロナ禍で資金繰りにお困りの中小企業事業者様・個人事業主様向けに「コロナ禍での資金調達の方法」として融資について紹介します。

続きを読む

【東京都の新型コロナ対策】東京都感染拡大防止協力金とは?申請に必要な4つの要件

現在、新型コロナウイルスの蔓延に伴い、色々な給付金や協力金がありますが「東京都感染拡大防止協力金」はご存知でしょうか。

東京都が、新型コロナウイルスによる感染が拡大する中、事業者の方々に営業の停止や、時間短縮営業などの協力をお願いする代わりに、協力金をお支払いします、というものです。

今回はそんな「東京都感染拡大防止協力金」についてのお話です。

続きを読む

【新型コロナ対策】最大200万円!持続化給付金の申請方法まとめ【申請サポートもあり】

新型コロナウイルスによる経済的影響を少しでも緩和させるため、支援策がいくつも発表されましたが、その中でも特に注目すべきは「持続化給付金」です。

法人は最大で200万円個人事業者は最大100万円と支給金額が大きいのが特徴です。給付金のため、返済も不要となります。

新型コロナウイルスの拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくための事業全般に広く使える給付金となります。

続きを読む

【新型コロナ対策】まだ間に合う!雇用調整助成金の特徴や申請をわかりやすく解説!

新型コロナウイルス感染症の影響を受け事業の縮小を余儀なくされた事業者に対し、雇用の維持を図るために活用できるのが『雇用調整助成金』です。新型コロナウイルス感染症に伴い特例措置が設けられましたので、その内容や申請方法について解説していきます。

過去に申請したことがある方も、これから申請する方も、申請方法が簡略化されていますので、ぜひ活用しましょう。

続きを読む

【大人気・先着順】クラウドファンディングの助成金を活用しよう~2021年度版~

クラウドファンディングは、インターネットを通じて不特定多数の賛同者から資金を募る方法です。

クラウドファンディングは資金調達に役立ちますが、それ以外にも最近では、クラウドファンディングを利用すると製品・サービスを提供する前から、世の中にニーズを問うことができますので、市場の反応を見るために活用している方が多いです。

近年、認知度が高まりつつあるクラウドファンディングにも使える「助成金」があります。
この記事では2021年度のクラウドファンディング活用助成金についてまとめてみました。

続きを読む